ボジョレーヌーボー

毎年解禁されるボジョーレー・ヌーボーってどんなワイン?

フランス・ブルゴーニュ地方のボージョレ地域で造られる、フレッシュな「新酒=ヌーボー」のこと

ボジョレーヌーボー日本でもその名をよく聞くようになったワイン「ボジョレーヌーボー」。フランス・ブルゴーニュのボージョレ地域で、収穫したばかりのガメイ種から造られるフレッシュなワインは、1800年代から日常的に楽しまれるDaily Wineとして地元住民を中心に楽しまれていた。そんなボジョレーヌーボーが1951年フランス政府によって公式に11月15日を解禁日として発売することが認められたのがきっかけとなり、フランスやヨーロッパのレストランを中心に大ブームとなったとされている。1970年代に入ると世界的に交通インフラの整備が進み、フレッシュな味わいが日本を含め世界中に知られることなったと言われている。

毎年 、11月第3木曜日に販売が解禁される

現在のボジョレーヌーボーの解禁日は毎年11月の第3木曜日。しかし流行当初は11月11日が解禁日だったと言われている。解禁日が変わった背景として、解禁日を固定することで、年によっては解禁日が休日にあたることもあり、販売に大きく影響があったためだと言われている。(フランスでは多くのワインショップ、レストラン週末、日曜を休みとしているため)そのようなこともあり、フランス政府が1984年に解決策を打ち出し、11月の第3木曜日を毎年変動する解禁日に設定したと言われている。

フレッシュな味わいが特徴の新酒

ボジョレーヌーボーは、一般的に新酒だという認識が多いようだ。しかしボジョレーヌーボーにはほかにワインの造り方とくらべても大きな違いがあるのだ。

ボジョレーの製法で造ったワインはタンニンが少ないわりには色が濃く、渋みや苦味が通常のワインより少なくなる傾向にある。リンゴ酸も分解されるため味わいもまろやかになり、炭酸ガスによって酸化が防止されるのでワインがフレッシュに仕上がるのだ。また全体的に軽快な味わいが漂うようになり、バナナのようなフルーティーな香りさえ感じさせる。それゆえ新酒の状態でも充分に楽しむことができるのだ。

冷蔵庫で1時間程度冷やして飲もう!

ボジョレーヌーボーの一番の特徴はそのフレッシュさだだ。適温で冷やしたほうがすっきりと味わうことができる。通常ワインの場合、冷やしすぎるとタンニンによる渋みが強調されて飲みにくくなるが、ボジョレーヌーボーの製造手段であれば渋みが出ないような造り方であるため手軽に味を堪能できる。常温からであっても冷蔵庫で1時間程冷やすことで、十分に楽しめる温度に出来る。料理との相性も良いため様々なシーンにおいても重宝するワインといえるだろう。