ヴォーヌ・ロマネ – Vosne-Romanée

ブルゴーニュの宝石

世界でも最高峰のワインとして輝く、ドメーヌ・デ・ラ・ロマネ・コンティ の在する地区であるヴォーヌ・ロマネ。ロマエ・コンティに加えて、リシュブール、ラ・ターシュと言った圧倒的なアペラシオンで作られるワインは、究極のブルゴーニュとも呼ばれ、華麗さと力強さを併せ持つ。極めて長い熟成に向くワインである。

地区全体で、6つの特級畑と12の1級畑が在ることからも、この地区が世界最高レベルのワインの要所であることがわかる。その大きさは154ヘクタールあり、年間80万本のワインを生産するが、特級畑・1級畑はそのごく一部であり希少価値は高い。

特級畑

  • ラ・ターシュ La Tâche
  • グラン・リュー La Grande Rue
  • ロマネ La Romanée
  • ロマネ・コンティ Romanée-Conti
  • ロマネ・サンヴィヴァン Romanée-Saint-Vivant
  • リシュブール Richebourg

1級畑

12の1級畑があるが、それぞれの特徴は均一ではなく、各畑の複雑な印象がある。

  • Les Beaux Monts
  • Les Suchots
  • Aux Brûlées
  • La Croix Rameau
  • Clos des Réas
  • Les Gaudichots
  • Les Chaumes
  • Aux Malconsorts
  • Au-dessus des Malconsorts
  • Cros Parantoux
  • Aux Reignots
  • Les Petits Monts