シャンパーニュ – Champagne

世界最高峰の発泡酒の産地

輝く発泡酒の代名詞としても有名なシャンパーニュ。(英語の発音に近いことから日本では「シャンパン」と発音されることもあるが、シャンパーニュ委員会は正式名称での使用を推奨。)

シャンパーニュは正式には産地の名称であり、フランス東部、ベルギー・ルクセンブルグに近い地域を指す。またシャンパーニュで生産される発泡酒のみがシャンパンと呼ばれ、他の地域で生産される発泡酒は、正確にはスパークリング・ワインに分類される。そういった意味でも、シャンパーニュの長い歴史とその土地(テロワール)の持つ圧倒的な力を感じることができる。

高級なシャンパンの代名詞として日本でも広くしられている”ドンペリ”(Dom Pérignon)もこのシャンパーニュ地方で作れるスパークリングの1種である。

発泡酒/スパークリングワインの醸造に適した土壌と気候

石灰質に富んだ地層と、高度が高いことにより比較的低温度の機構が合わさることにより、発泡に適したぶどうの育成に適している。

作付け面積33,500ヘクタールあり、357の村、凡そ19,000の生産者が存在 (2008年時点)。

スパークリングワインの生産が主

スパークリングワインが主に作られ、白またはロゼ(rosé) が醸造される。

ぶどうの品種

シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、ピノ・グリ、アンミュメなどが一般的に栽培され、多くのシャンパーニュはその配合で醸造される。

シャンパーニュの地図
シャンパーニュの地図

地区

主な生産地区は下記の通りである